労務管理、年金などのご相談をお受けしております。

障害年金って?

  • HOME »
  • 障害年金って?

 

障害年金ってなんだろう?

 

障害年金は病名で決まるものではない

障害年金は、国に定められた法律の基準によって支給される年金で、

ざくっと言うと

病気または、けがによって、日常生活にどれくらい不便があるか

によって支給される年金制度です。

しかも、上記の条件は、3つの条件のうちの1つであり、あと2つ条件をクリアしなければなりません。

 

よくこちらの事務所にご相談される方は

どんな病気で障害年金が出ますか?

 

と、お伺いされます。

病名で決まるわけではありません。

くどくなりますが、

病気または、けがによって、日常生活にどれくらい不便があるか

となります。

 

「そんなこと言わんと、教えてや~」

という声が聞こえそうです。

 

では、例で、「脳梗塞」になったとしましょう。

たいていは、いきなり発症して、救急車で運ばれて手術。そして入院。となるでしょう。

じゃあ脳梗塞になったから「障害年金が出るか?」と問われると、「出る可能性がある」としか申せません。

 

脳梗塞になり、よくでる障害の状態は、手足のまひ(例えば、動かなくなる)、失語症(例えば、しゃべれなくなる)、高次脳機能障害(例えば、記憶ができなくなる)などです。

でも、処置が早ければ、そのような症状が出ずに、普通に生活する人もいます。

「脳梗塞だから」では無いですね。

 

あとよくあるのは、精神的な病気。例えば「うつ病」などです。

うつ病の方でも、外に出ることがかなりの困難を伴うため、日々家の中にて生活。果ては部屋から出てこれない。などという方もいらっしゃります。

ひるがえって、医師の案内を聞くことができ、薬を飲むことによって症状が抑えられていて、仕事もしている。などという方もいらっしゃります。

「うつ病になって」どういう生活になったか。これが重要なのです。

 

※ 病気やケガにスポットを当てましたが、病状の条件「だけでは」障害年金が出ないこともお断りしておきます。

 

ご不明な点はお問合せください TEL 077-516-0313

PAGETOP
Copyright © オフィス宮原社労士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.